本文へジャンプ

便利プラグイン「PowerSync」って知ってる?

Posted by 浅野竜也

どうも、アラフォーのプロデューサー浅野です。

さていきなりですが、
Movable Type、PowerCMSをお使いの皆さん!!
サイトの公開って、どうしてます??
CMS上で確認してサクッと本番公開してませんか?

公開までの運用フローを見直したい方も読んでもらえると嬉しいです。

PowerSyncとは?

PowerSyncはアルファサード株式会社の開発した
Movable Type、PowerCMS用のプラグインです。

公式サイトでは......

CMS→Stage→公開の各環境を分離することでコンテンツの公開前チェックを容易にし、コンプライアンスの遵守につなげます。

と、説明されています。

平たく言うと、CMSからすぐに公開しないでStageで確認して間違った情報を公開しないようにしようぜ!ってことですね。

※PowerSyncのサイトはこちらです。

ちょっとまって、そのまえに「Stage」ってなんですか?という方向けに

Stageとはステージング環境とも呼ばれるテスト用のサイトを指します。

CMSで更新した記事をいきなり本番環境ではなく、このStageに一度アップすることで、関係各所への事前確認もでき、間違いのない公開フローを構築できます。
またStage環境はIPによる閲覧制限やBASIC認証をかけているため関係者以外が見ることができないので安心です!

なので公開の流れは下記のようになります!

CMS(記事作成) → Stage(確認) → 本番サイト(公開)

それでは肝心の機能についていってみましょう!!

PowerSyncの特徴

特徴1 同期機能

CMSからStageに書き出されたHTMLファイルを本番環境へ同期(公開)が可能。
通常であればFTPソフト等を使って転送しますが、CMSの管理画面から簡単に操作できます。

特徴2 ファイルを指定した本番公開

公開タイミングが違う記事が複数あっても、ディレクトリ・ファイル単位でデータを本番環境へ同期(公開)できるため、細やかな公開作業が可能です。

ファイル選択画面

特徴3 時間指定で本番公開

同期処理をすぐに行うことはもちろんですが、日時を指定した同期(公開)も可能なので公開時にPCの前に張り付いている必要がなくなります!

時間指定画面 これで、休日や真夜中の公開対応も怖くないですねw

特徴4 誰が公開したかも一目瞭然

MTやPowerCMSのログにもアカウントごとの公開履歴が残るため
責任の所在をはっきりさせることができるます。

MTログ画面

また時間指定で公開した場合にのみ、同期したファイル名等も残るため
リアルタイムで確認できていない場合にも安心です。

このPowerSyncはどんなサイトに向いているか

こんなサイトを運用しているご担当者様は必見です!

■CASE1

情報解禁を決まった日時に行わなければならないが、公開まで、絶対に関係者以外に見せてはならない情報を取り扱っているサイト

  • 企業サイト(特にIR情報)
  • メーカーサイト(新商品の紹介)

■CASE2

毎日、記事を追加・削除する必要があるサイト

  • メディアサイト
  • オウンドメディア(自社情報発信メディア)

最後に

日々の運用を少しでも楽に、ヒューマンエラーなく行ないたいと思われている皆様。
「ちょっと気になる」程度でも構いませんので、
このPowerSyncが気になったご担当者様はぜひご連絡下さい

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。
Share this on
Facebook Twitter Google+