本文へジャンプ

ついにMD CreatorsチームのLP完成!

Posted by Yuji Ushida

弊社では毎月『Creator's Lab』という社内勉強会を開催しているのですが、その中で、『MONSTERDIVE CreatorチームのLP制作』 という全三回、制作期間約半年の企画が進行していました。

先日、第三回『プレゼンテーション編』が行われましたので、その内容をレポートしたいと思います。

ちなみに、

は、こちらから。

クリエイターを3つのチームに分けて作成した今回のLP。
果たして、『MONSTERDIVE CreatorチームのLP』 として、公開を勝ち取ったのはどのチームでしょうか。
最終回、各チームの制作物はこちら!
ご覧ください!

TEAM KRY(KKB/RSK/YAM)

TEAM KRY

タイトル

MD CREATORS

作品紹介

チーム全員が作っていて楽しいと思えるものを!!ということで某国民的ゲームをオマージュしました。 ドット絵になったクリエイターが実績を紹介してくれます。隠しコマンドもあるかも!?

こだわりポイント

KKB

今回、デザインの面でとても夢中になって作ってしまいました。
「これはこんな風に動いてほしい。」「こんなのがあった方が面白いな。」などを、想像しながら楽しんで制作することができました。
公開を勝ち取れなかったのが心残りです...。
次回は妄想を膨らましすぎるだけでなく現実もしっかり考えながら制作します。w

RSK

普段業務ではやらないであろうものを考えたときに、何したい?の答えがゲームでした。
結果思った以上の大作になりました。
それに対して、動きの部分など納得いくところまで作りこめなかったのが残念でした。

YAM

ゲームをオマージュしたのもありギミックなど凝りだしたらキリがない終わらないゲームでした。。w
見えない部分ですが約総20000pxの膨大なシーンを管理制御しているところがこだわりポイント。
風呂敷広げすぎて収拾をつけれなくなったところが悔しい。ちゃんとしよう、スケジュール管理!!

TEAM YO(YOK/OKI)

TEAM YO

タイトル

あそびゴコロ

作品紹介

インタラクティブRPG風コンテンツ。モンスターと会話してアイテムをもらい、アイテムが集まるとWebサイトが出来る。

こだわりポイント

YOK

モンスターの世界感を全面に出し、それぞれの職種をモンスターのキャラクターに置き換えて親しみやすくした所。

OKI

アクシデントがあり、満足できるところまでもっていけなかったのが残念でした。
また、すべてをクリエイターだけで制作したので、PDの大変さや、ありがたみが分かりました。

TEAM UMM(USY/MZK/MIO)

TEAM UMM

タイトル

MONSTER DIVERSITY

作品説明

今期で10年目を迎えるMONSTER DIVEですが、個性的なクリエイターが日々様々なクリエイティブを生み出しています。
そのクリエイティブの元となるMONSTER DIVEの多様性が、クリエイターが加入することで成長していく過程を、MONSTERくんという架空のキャラクターとイメージ画像で可視化してみました。
会社創立から現在まで、どのように多様性が変化していくのかをわかりやすく表現し、新たなメンバーが加入することで、さらなる多様性が生まれれば思い、作成しました。

こだわりポイント 

USY 

もっとこだわりたかったポイントはたくさんありますが、時間との相談もあり割とシンプルな画面構成に落ち着きました。
その中で、キャッチーなイラストと配色で、なるべくわかりやすくデザインを心がけたつもりです。
細かいところでは、MONSTERくんに飛び込む棒人間も細かくポーズを決めています。 メンバー一人ひとりをイラストに落とし込む作業は楽しかったのですが、イラストですら表示されるのが嫌のようで、結果、モザイクをかけられるという、酷い仕打ちももらいつつ、なんだかんだと楽しめた作品となります。
方向性が決まるまではメンバー間で殴り合いをしてましたが、形になったことで感無量です。

MIO 

アイディアが固まるまでが大変で、河川敷で殴り合うような侃々諤々の議論を繰り返しました。正直企画時点では仕上がるかどうかもわからないような状態で...。
でも何度も一緒に仕事をしてきた2人との阿吽の呼吸...かどうかはわかりませんが、連携力とアイディアで最後まで作りきりました。
今回はトランジションも大部分をCSS3で実装しました。
作り始めてからのデータ集計も相当大変だったという噂も。多様性溢れ過ぎだね!

MZK

MONSTERくんの動きなど、全体的なアニメーションについては発表ギリギリまで調整しました。
自分のイラストに必死でモザイクをかけたのは伝わりづらいこだわりです。

まとめ

半年に渡って開催された今回の『MONSTERDIVE CreatorチームのLP制作』。
なんとか公開を勝ち取ったのは、私たちTEAM UMMとなりましたー!
ありがとう、ありがとう。

作品はこちら
(※PC Chrome限定コンテンツになります)

半年という長期間の間に、様々なトラブル等で満足いくところまで至らなかったチームもありますが、LP制作は今回が最終回となります。
普段では出来ない(出来なかった)アイディアを、それぞれのチームで表現できたのではないでしょうか。

クライアントワークでは垣間見られないクリエイター達が秘めた個性を、お互いに把握できたことが個人的には収穫だったように感じてます。

様々な案件の枠組みの中でどのようにして、クリエイターの個性を活かし、アイディアとチャレンジでより良いものを作るのか、ここで培ったものを今後に活かしつつ、常により高いクリエイティブを目指しながら我々クリエイターチームも成長できるよう心掛けていきます。
今後とも、よろしくお願いします。

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。
Share this on
Facebook Twitter Google+