本文へジャンプ

メディアサイトのCMS構築でディレクターとして準備する「3つのこと」

180706_blog-img.jpg

メディアサイトのCMS構築にあたって、ディレクターとして準備することを大きく分けて3つを紹介します。
あくまでもフロントディレクターとしてですので、テクニカルディレクターやCMSエンジニアの方にとっては 「SSA」(SONNANO SHITTETE ATARIMAE)と言わず、ぐっと抑えて読んでください。
↑これは流行らないですね。。。

1.どのようなCMSが向いているのか、選定・提案

まず、どのようなプロジェクトでもクライアントからの要件ヒアリングがありますが、 新しく立ち上げる/既存サイトのCMS移管なのかでも少し変わりますが、「CMSに何を求めているか」です。

  • 運用側のスピード重視をしている
  • 情報を早く掲載したい
  • 初期費用があまり出せないがCMS運用をしたい
  • サイト側へのアクセス急増があってもCMSに影響がでないようにしたい
  • 複数のメディアサイトを一括でCMS管理したい
  • スクラッチ開発の費用は出せないがカスタマイズが容易にできるCMSを選びたい

などなどそのような悩みや要望をよく言われます。 そういった要件をヒアリングし、それに合ったCMSを提案します。

一概には言えませんが、弊社で設計・構築が得意な Moveble Type / PowerCMSWordPress を例にその特徴ごとにまとめます。

■セキュリティ、費用
Moveble Type/PowerCMS:初期のライセンスとしては有料だが、開発元が明確なので、セキュリティ的にもサポート的にも安心できる。
WordPress:オープンソース・ライセンスで無料ではあるが、公式サポートがなく、セキュリティ観点からも少々不安。

■HTMLパブリッシング
Moveble Type/PowerCMS:静的生成の為、アクセス集中したときにサーバ負荷がかかりにくい。ただ記事を都度再構築する必要があり更新に少々時間がかかる。
WordPress:動的生成の為、アクセス集中したときにサーバ側、表示側と負荷がかかる。ただ更新頻度が高いサイトなどには、記事更新(時間)のストレスがかからない。

■複数ウェブサイト、専用ブログ開発
Moveble Type/PowerCMS:複数のウェブサイト毎に、専用のブログ管理することが可能。
WordPress:「マルチサイト機能」で複数ウェブサイトまたはMTでいうブログ管理をすることが可能。ただ製品特徴的にはあまり向いていないという所感。

このように、CMSのメリット/デメリットを把握しつつ、提案するということが大事です。

2.設計前に運用側の体制確認

運用体制の確認は、CMS設計前に大事なことです。
メディアサイトの運用となると、以下のようなケースがあります。

  • ライターが複数いて全ての人にHTMLタグで整形は無理といった場合。
    その場合、リッチテキスト形式の本文入力で整形できるCMS構築や、 PowerCMSの特徴「スニペット・カスタムフィールド」を用いて自由度の高い入力欄を構築したりしています。

  • ライターが書いたものを編集側でチェックし整形が発生する場合。
    承認フローのプラグインを入れ、ユーザー毎に権限を付与することで、ワークフローを叶える構築をします。

運用体制を確認する事で、どのようなカスタマイズが必要なのか、今後の運用を見通した設計にやっと入れると思います。

3.CMS設計

クライアントへの設計資料、開発内部用の設計資料を用意します。
同じ資料を渡して理解いただける場合もありますが、 クライアントには、基本は構築想定を噛み砕いた設計資料を提案します。

  • CMSの構造
    →サイト構成で渡すツリー図のような(データベース設計のER図のような)資料
  • CMSの編集画面
    →サイト設計で渡すワイヤーフレームのような、CMS編集画面版の資料

ドキュメント制作に関しては、プロジェクトによって要不要発生すると思いますが、基本は上記の2点は必要です。
構築前にこの共有がクライアントとできていることで、 構築後に「使いにくい」「わかりにくい」といった事象が起こることなくなります。
(とは言え、何かしらは発生するものですが。。。)

まとめ

3つ目の「CMS設計」に関しては、メディアサイトだからどうこうというわけではありませんが、 2つ目でお伝えした運用体制の面も踏まえると、メディアサイトだとより重要なものです。

当たり前のことばかりを記したかもしれませんが、 意外と「準備」って頭でわかっていても、体現できなかったりしますので参考になればと思います。

最後に、私が関わったメディアサイトで今年の3月にローンチした「PRESIDENT STYLE」をご紹介します!詳しくは、弊社プロジェクト実績のこちらをご覧ください。

このようなWebメディア、企業のオウンドメディアなどでCMS運用をお考えの方、痒いところに手が届くCMS構築は弊社の超ストロングポイントですので、お気軽にこちらからお問い合わせください。

別記:タコより当たるワールドカップ優勝予想

イングランド!
※7/6(金)時点です。

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。
Share this on
Facebook Twitter Google+