本文へジャンプ

Adobe Character Animator CC やってみた【初級篇】

Posted by Yusuke Oshitani

最近の楽しみは、料理番組の現場で作ってもらったものを食べること!
食欲でなんとかストレス解消してますOSYです!

おかげさまで毎日現場の日々を送ってますが、実はちまちまと細かくモノづくりするのが好きなんですよ僕。  

ゆっくりと、業務以外で何か作りたいな〜って以前から思っていたので、
せっかくだし 何かチャレンジしてみようと思い、
新しい映像制作ソフトにチャレンジすることにいたしました!
というわけで、今回はAdobe Character Animatorで遊んでみることにします。

きっかけはA-zemi

MONSTER DIVEでは、ひと月に一回、 ARKさんを講師に据え、
クリエィティブなチャレンジをするお勉強会をやっています。

それがA-zemi!

そんなA-zemiで"Adobe Character Animator"をテーマにした回が開かれたのがきっかけです。

Adobe Character Animator って?

Adobe様がリリースするのは神ソフトばかりですよね。
がしかし、たま〜に、これ何するもん? っていうのってありませんか??

その中の1つになるんじゃないかと思われる、こちらのソフトですが、
こちらは「アニメーションを直感的に制作できる」ソフトなんですよね。

もともとはAfter Effectsに含まれていた機能が独立したこのソフト、
触ってみると意外ととっつきやすく、非常に面白いものなんですよ!

簡単にアニメーションが作成できる!

作業に必要なものは、

  • Adobe Character Animator CC
  • カメラ

これだけ!
あとは

  • 画像編集ソフト(Photoshop、illustratorなど)
  • マイク(音声入れる場合は必要)

があると、より自分のオリジナルな制作ができるようになります。

さっそく新規作成すると、テンプレを選べる画面が出てきました!

blog_180320_photo1.png 顔、人、獣、ロボですね。 とりあえず左からいってみましょうか。

顔認識がすごい!

こちら、なんとカメラから取り込んだ映像をもとに顔認識し、"勝手に"表情を作ってくれるんです!
例えば

blog_180320_photo2.png

こんな風に(画面右上に見えている)カメラの所定の位置にある顔を認識し、動かしてくれんるんですね。
この顔認識ってどこまで感度あるのかと思い実験してみました!

blog_180320_photo3.png ライオンのぬいぐるみ
マスク2のお面!!(どちらも私物)

どっちも反応してる!
右上の画面内に赤い点で認識されてるか見えますでしょうか。
主に目鼻口をよんでるっぽいですね。

ボディアクションも細かく作れる!

起動時に開く画像編集ソフトから、レイヤー分けされた素材部分を
加工修正していくことで、簡単にオリジナルのものを作ることもできます。

blog_180320_photo4.png この場合はPhotoshop。
見慣れた画面に安心する方も多いんではないでしょうか。
もう少し人間ぽくしてみました。

またまた、キーフレームを打ち、スケールや位置、不透明度などトランスフォーム調整もできます。

blog_180320_photo5.png

画面内では右側ウィンドウですね。さらに

  • 「重力」(の影響を受けるかどうか)
  • 「ダングル」(ゆれやすさ)
  • 「ボーン」(関節部分を決めて動かす範囲を指定する)

これらを駆使することで、より細かな表現ができるんです!
おもしろいですよね。

っとここまで初級編ということで、自分が触ってみた感想でした。
いつか子供ができたらこれやらせてみても面白そうです。

まだまだ作成したキャラクターを使って、音声を入れた動画作成もできるし、
NDI接続からWirecastでライブストリーミングできたりなどなど、
いろいろな機能もあるので余裕があれば次回チャレンジしたいと思います!

FRESHERS WANTED!
Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。
Share this on
Facebook Twitter Google+