本文へジャンプ

なぜヒトは「2.5D」にハマるのか?

Posted by Yuri Shiomi

ようこそ! LIVEプロダクション事業部ディレクターのyuriです。

最近は1日が24時間しかないことを嘆き悲しみ、寄る年波には勝てぬことを嘆き悲しみ、カリン様に仙豆をいただけないものかと日々、願っております。
あんなに面白い漫画が書けるなんて、
鳥山明先生は本当に、天才だな〜。(しみじみ)

ということで、みなさん、どなたも、1つくらいは好きな漫画・アニメ作品ってありますよね?
いや、おそらく多くの人は、1つどころじゃなく、好きな作品がありますよね?

では、そんな漫画やアニメ、ゲームを舞台化した、「2.5D(次元)」(2.5次元)と言われるジャンルのものを観に行ったことはありますか?

「ないよー!」
という人も多いかもしれません。私も仕事で関わるまでは、ありませんでした。

が、縁あって「2.5D」に関係するお仕事をたくさんさせていただき、「2.5D」に触れるうち、みなさんがハマる理由がわかってきましたよ、というのが今回のお話です。

ちなみにこれ、あくまで私の"私観"ですのであしからず!

2.5次元? 2.5D?

まずはじめに、「2.5D」について簡単にご説明をしますね。

2.5次元2.5D は同じです。言い方が違うだけです。
「D」というのは「次元の」の英訳、「Dimensional」のことでしてつまり、 「2.5 Dimensional Musical」 を短縮して 「2.5D」 というわけです。

舞台袖にハンドルずらり... 『弱ペダ』の衝撃

そんな私が初めて座席に座って観た「2.5D」の作品が『弱虫ペダル』でした。

いや〜〜〜〜〜〜衝撃でした。

もともと舞台というのは映像作品と違って、限られた空間の中で物事を表現する、という面白さがありますが、『弱ペダ』も、まさにそんな工夫が詰まった舞台でした。

だって、自転車に乗るシーンがメインとなる舞台で、自転車に乗る、というのをハンドルだけを持って表現するんですよ!?!?
俳優たちは、ハンドルを持って、一生懸命その場で漕ぐように足踏みをするんです。

一瞬、何ソレ?って思ってしまうかもしれませんが、百聞は一見に如かずです。

見ればわかります。

自転車を漕いでいるようにしか、見えません!

しかも、舞台には巨大な坂道がセットとして置かれているのですが、そこを俳優たちが登る!下る!坂も動く!動く! と、まあ、終始激しいんです。俳優たちはずーーーっと動いているので、実際には自転車を漕いでなくても「ゼエゼエハアハア」していて、その、演技を超えた一生懸命な姿に、
「小野田くんがんばれ〜!」
となるわけなんです♪

「2.5D」は「KK男子」だらけ?

そんな私は『弱ペダ』以降、いろんな「2.5D」を見てきました。

残念ながら劇場の椅子に座ってではなく、"モニター越し"がほとんどなんですが、作品によって個性がハッキリとあって、毎回驚かされています。

ちなみに、「2.5D」というと KK(キラキラかわいい)男子 が出てきて華麗に踊って歌って...というのを想像される方もいるかもしれませんが、必ずしもそうではないんです。例えば、歌がメインの舞台もあれば、ぜんぜん歌わない舞台もあります。男性しか出ていない舞台もあれば、女性も出ていたり、女性ばっかりだったり、というのもあります。空想の世界のお話もあれば、現実世界に近いお話もあります。

とまあ、こんなふうに色々あるので、ファンのなかでも「●●は好きだけど◯◯はあんまり好きじゃない」というのもあるみたいですね。うんうん、わかります。

売れっ子「2.5D俳優」 8つのポイント

舞台に出ている俳優さんたちも、舞台を降りれば普通のヒトです。

もちろん、私たちスタッフがいますから、本当の「素」ではないです。
でも、事務所の方への対応などを見ていれば、ある程度はわかります。

毎月25日の「2.5Dの日」に「GYAO」で配信されてる「What's 2.5D?」で、「2.5D」にかかわる俳優さんたちにインタビューさせていただいていますが、その中で感じたことは、やっぱ、売れている俳優さんは売れているなりの理由がある、ということです。

あくまで私観ですが、売れている「2.5D俳優」の8大ポイントまとめてみました!

  1. 自分のやるべきこと(やりたいこと)が明確にある
    →ふわっと生きていません。
  2. 自分に厳しい →努力を惜しみません
  3. 頭がいい
    →飲み込みがとにかく早いんです
  4. でもちょっと抜けているところがある
    →決して完璧ではなく、うっかり忘れ物したりする
  5. スタッフにも礼儀正しい
    →スタッフだって、人間だもの
  6. 目力が強い
    →いつもドキドキしますw
  7. 笑顔が素敵
    →編集中にニヤニヤが止まりません
  8. なんか、近い
    →会いに行けるアイドル、みたいな感じでしょうか

「2.5D」は"若手俳優の登竜門"なんて言われるだけに、若い俳優さんが多い、というのもあるかもしれませんが、基本的に、フランクな感じの人が多いです。
その親近感と俳優さんの性格の良さ、が舞台を通して出ていて、お客さん(ファン)の共感を呼んでいるのかもしれないですね。

市場規模前年比20%増!

さて、「2.5D」の人気、体感はあるけど、本当はどうなのー? と思って調べてみました。

ぴあ総研が発表した2.5次元ミュージカル市場動向に関する2017年の調査結果によると、

  • 2017年のタイトル数は171本と前年より38本増加、
  • 動員数は前年比48.1%増の223万人へといずれも大幅に増加、
  • それに伴う市場規模も前年比21.0%と大幅アップしているんです!

図1 - なぜヒトは「2.5D」にハマるのか?

図2 - なぜヒトは「2.5D」にハマるのか?

「2.5D」を牽引する俳優との出会い

なぜ今回こういったテーマでブログを書こうと思ったのかというと、「What's 2.5D?」で、俳優さんたちが、思いの外(といったら大変失礼なんですが)ちゃんとした方たちだったからなんです。

人気急上昇中の「2.5D」作品に出て、女性たちから「キャーキャー」言われることに、あぐらをかいていないんですね。
俳優として、自分の目標もあるんですが、ただ、自分のことだけではなく、「2.5D」の今後についても考えた上で行動しているんです。

若いうちから座長をつとめて、カンパニー(仲間)を率いることで、そういった責任感などが生まれてきているのかもしれません。
そしてそんな「背中」を見て、後に続く俳優さんたちがたくさんいると思うんです。


この先2.5Dがどうなっていくのか、私がお話を聞かせていただいた俳優さん達がどうなっていくのか、すごく楽しみです。

今回、書ききれなかったこともたくさんありますが、それはまた、別の機会に。

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。
Share this on
Facebook Twitter Google+