本文へジャンプ

第二回 Vue.jsでWebアプリをつくろう!

Posted by Satoshi Ohki

前回、Vue.jsのトリコになって、試しに時計アプリを作成してみましたが、二回目の今回はもう少し複雑なアプリを作りたいと思います。
作るのはiTunesのAPIを使ったiTunesSearchです!

実装ポイントはAPIとの通信による非同期処理とそれに伴うローディングの実装、親コンポーネントと子コンポーネントの連携方法などです。

開発環境構築

基本的な開発環境の構築は前回の記事を参考にしてください。

今回は axios というhttp通信を行う為のライブラリを使用するので、

コマンドプロンプト(ターミナル)に

npm install -S axios

と、入力してインストールしてください。

これで準備は完了です。

開発開始

前回同様、ファイルの整理から始めます。

  • src/App.vue

を開いて

<template>


</template>


<script>


</script>


<style>


</style>

一旦、空にします。

続いて

  • src/assets/logo.png
  • src/components/HelloWorld.vue

を削除します。

最初に検索フォームをつくるため、

  • src/components/Search.vue

を作成します。

まずは、script部分からです。

<script>
import axios from "axios";


export default {
  data() {
    return {
      term: "",
    }
  },
  methods: {
    async exe() {
      this.$emit("loadStart")
      const { data } = await axios.get(`//itunes.apple.com/search?term=${this.term}&country=jp&entity=musicVideo`);
      this.$emit("loadComplete", { results: data.results })
    },
  },
};
</script>

ポイント

  • $emit
    イベントを送出するもので、JavaScriptで例えるとdispatchEventだと思ってください。
  • async/await
    async/await自体はVue.jsとは関係ない機能ですが、非同期処理が非常に簡単に書けるので積極的に使用していきましょう。
  • 取得したデータを$emitを通じて、親コンポーネントで受け取れるようにする。

続いて、template部分です。

<template>
  <div>
    <div class="container">
      <input class="text" type="text" v-model="term" @keyup.enter="exe">
      <input class="submit" type="submit" value="Search" @click="exe">
    </div>
  </div>
</template>

ポイント

  • v-model
    双方向データバインディングを行うもので、inputの値とdataの値が常に同期されます。
  • v-on(@)
    イベントを購読するもので、JavaScriptで例えるとaddEventListenerだと思ってください。 @はv-onの省略記法です。

また、装飾子も用意されていて

  • @event.stop - stopPropagationを実行
  • @event.prevent - preventDefaultを実行
  • @event.once - イベントを一度だけ実行
  • @event.{keyCode | keyAlias} - 指定したキーのみ実行

他にも色々用意されているので公式サイトでご確認ください。

最後に、style部分です。

<style scoped>
.container {
  display: flex;
  justify-content: center;
  height: 70px;
  padding: 20px;
  background-color: #35495e;
  box-sizing: border-box;
}


.text {
  width: 50%;
  max-width: 300px;
  padding: .5em;
  border: none;
}


.submit {
  padding: .5em 2em;
  margin-left: 10px;
  color: #fff;
  background-color: #42b883;
  border: none;
  border-radius: 20px;
}
</style>

続いてローディング画面のために

  • src/components/Loading.vue

を作成します。

ここはCSSアニメーションでつくるので、templateとstyleだけです。

template部分

<template>
  <div>
    <div class="item"></div>
  </div>
</template>

style部分

<style scoped>
.item {
  width: 50px;
  height: 50px;
  position: absolute;
  top: 0;
  right: 0;
  bottom: 0;
  left: 0;
  margin: auto;
  border: 3px solid #42b883;
  border-top-color: transparent;
  border-radius: 50%;
  animation: spin 0.75s infinite linear;
}


.item::after {
  content: "";
  position: absolute;
  top: -3px;
  left: -3px;
  width: inherit;
  height: inherit;
  border: inherit;
  border-radius: inherit;
  transform: rotate(60deg);
}


@keyframes spin {
  from {
    transform: rotate(0deg);
  }
  to {
    transform: rotate(360deg);
  }
}
</style>

続いて検索結果を表示する

  • src/components/Result.vue

を作成します。

まずは、script部分です。

<script>
import Loading from "@/components/Loading";


export default {
  props: ["items", "loadProgress"],
  components: {
    Loading,
  },
  methods: {
    getYear(dateStr) {
      const date = new Date(dateStr)
      return date.getFullYear()
    },
  },
};
</script>

ポイント

  • 親コンポーネントからpropsでitemsとloadProgressを受け取る。
  • Loadingコンポーネントを登録
  • getYearメソッドで日付の文字列から年を取得

続いて、template部分です。

<template>
  <div>
    <ul class="list">
      <li class="item" v-for="item of items" :key="item.trackId">
        <div class="item-inner">
          <div class="photo">
            <img class="photo-img" :src="item.artworkUrl100" :alt=item.trackName>
          </div>
          <div class="content">
            <p><a class="track" :href="item.trackViewUrl" target="_blank">{{ item.trackName }}</a></p>
            <p><a class="artist" :href="item.artistViewUrl" target="_blank">{{ item.artistName }}</a></p>
            <div class="data"> {{ getYear(item.releaseDate) }} / {{ item.primaryGenreName }} / ¥{{ item.trackPrice }}</div>
          </div>
        </div>
      </li>
    </ul>
    <Loading class="loading" v-show="loadProgress"/>
  </div>
</template>

ポイント

  • v-for
    反復処理を行います。
    ここで言うと、親コンポーネントから送られてきたitemsの中身を繰り返しています。
    また、key属性に一意な値を設定することが推奨されています。(:を使って動的に値を設定します)

  • v-show
    値の真偽に応じて表示・非表示を切り替えるものです。
    ここでは、loadProgressの値に応じてLoadingコンポーネントの表示・非表示を切り替えています。

最後にstyleです。

<style scoped>
.item {
  padding: 20px 0;
}


.item:nth-of-type(even) {
  background-color: #f5f5f5;
}


.item-inner {
  display: flex;
  width: 90%;
  max-width: 600px;
  margin: auto;
}


.photo {
  flex: 0 0 150px;
}


.photo-img {
  width: 100%;
  display: block;
}


.content {
  flex: 1 1;
  padding-left: 20px;
}


.track {
  color: #42b883;
  font-size: 2rem;
  font-weight: 700;
  text-decoration: none;
}


.artist {
  display: block;
  color: #42b883;
  font-size: 1.4rem;
  font-weight: 700;
  text-decoration: none;
}


.data {
  margin-top: 1.5em;
  text-align: right;
  font-size: 1.2rem;
}


.loading {
  position: fixed;
  top: 70px;
  right: 0;
  bottom: 0;
  left: 0;
  z-index: 1;
  background: #35495e;
}
</style>

最後に今までにつくったコンポーネントを画面に表示させるために

  • src/App.vue

を編集していきます。

まずは、scriptです。

<script>
import Search from "@/components/Search";
import Result from "@/components/Result";


export default {
  data() {
    return {
      items: [],
      loadProgress: false,
    };
  },
  methods: {
    onLoadStart() {
      this.loadProgress = true;
    },
    onLoadComplete({ results }) {
      this.items = results;
      this.loadProgress = false;
    },
  },
  components: {
    Search,
    Result,
  },
};
</script>

ポイント

  • Searchコンポーネント、Resultコンポーネントを登録
  • loadStart/loadCompleteイベント時に実行するイベントハンドラを作成
  • dataのitemsにはAPIから取得したデータを入れる
  • loadProgressにはローディングの状態が入る

続いてtemplateです。

<template>
  <div class="root">
    <Search class="search" @loadStart="onLoadStart" @loadComplete="onLoadComplete"/>
    <Result :items="items" :loadProgress="loadProgress"/>
  </div>
</template>

ポイント

  • SearchコンポーネントからloadStart/loadCompleteイベントを購読する
  • ResultコンポーネントにitemsとloadProgressを送る

最後にstyleです。

<style scoped>
.root {
  padding-top: 70px;
}


.search {
  width: 100%;
  position: fixed;
  top: 0;
  left: 0;
  z-index: 1;
}
</style>


<style>
html {
  font-size: 62.5%;
}


body {
  margin: 0;
  color: #35495e;
}


p {
  margin: 0;
}


ul {
  padding: 0;
  margin: 0;
}
</style>

前回同様、ページ全体に適用させるstyleも定義します。

これで↓のような画面が表示されるはずです。

検索画面

テキストエリアに何か入力してEnterキーを押すか、Searchボタンをクリックしてください。

検索結果画面

このように検索結果が表示されれば成功です!

まとめ

前回と比べて少し複雑だったと思いますが、素のJavaScriptで作るより断然簡単だったのではないでしょうか?
次回は Vue Router を使ったルーティング機能をご紹介したいと思います!

Recent Entries
MD EVENT REPORT
What's Hot?
日本各地の酒蔵との直取引により厳選して仕入れた日本酒を世界に販売
こんな僕たちの仲間に入りませんか?
Movable Type AWS 移管&アップグレード サービス
SNS・ブログ・メールからの流入数が一目でわかる
50,000円からのシネマグラフ(Cinemagraph)制作
TAKUYAが教えるギター・レッスン
KenKenが教えるベースギター教則アプリ
SNS連動型クチコミ拡散システム「レビュー ジェネレーター サービス」
1時間1万円の撮影スタジオ
すべてのコンテンツ/プラットフォームを、ひとつのコンテンツ管理システムで。
Share this on
Facebook Twitter Google+